You are on page 1of 1

CcI BAROQUE

Kaminoge
RENDEZ-VOUS ランデヴー

MUSIC
Cultural Institute ・バロック

文化と語学の学校

Culture International Club


フランス語部門・英語部門・子供部門・文化部門
presents 17 • 18世紀の音楽が、今 21世紀に甦る! 17th 18th • 21st REVIVAL

12月13日 (日) この地に


18:00~20:30~ 開場 17:30 素晴らしい音楽家が!
Kaminoge Cultural Institute at 上野毛CIC あなたの間近に美しい
音楽が!
Dmitry Badiarov
Workshop Baroque violin
バロック•ヴァイオリン。
モダン・ヴァイオリン
との違いはガット弦の使用と、 弓の反り方が
逆。音を発するの速さが全く異なるため、 音量
は少ないが、 摩擦が強い。そのため、少し触っ
ただけで様々な子音を持つ音を出すことがで
きる。言葉のように喋り、 語りかける音楽目指
すバロック音楽の理想に答える楽器。

Violoncello da spalla
ヴィオロン•チェロ•ダ•スパッラ。
アルト・ヴ
ァイオリンよりずっと大きく、普通のチェロよ
りも小さい。バロック時代の絵画や彫刻に存
在が認められ、バッハも含め、多くの作曲家
がこの楽器のために数多く作曲。 しかし当時
の現存物は全く存在しない。 そんな幻の楽器
をディミトリー•バディアロフ氏が再現!

Program for Workshop


「バロック初期から現在までのバイオリンの進化」

1.Dmitry Badiarovはまず、バロック音楽を特定なストリングと楽器で演奏す
るにあたって、 どのようにしたら、 スコア
(楽譜)の精神や魂を最も適切に表現
できるのだろうか?という題材について詳しく説明します。

この質問に対する答えを、例えば、バッハやヴィヴァルディー、それからラモー
やハイデンの楽曲やその抜粋した部分を全く違う3つのバイオリン(バロック
初期、バロック、モダン)
で、更に3つの全く違ったストリングで演奏します。
Dmitry Badiarov ドミトリー・バディアロフ
演奏家としての才能を発揮しつつ、弦楽器職人としての研究でも活躍し スコア
(楽譜)は観客の方にお配りします。そして、この機会にお好きなバイオ
ています。忘れ去られた楽器“ヴァイオリンチェロ・ダ・スパラ(肩のチェ リンに触れ、実際に弾いて頂くこともできます。
ロ)”を蘇らせたのも彼です。
有名なバロック・オーケストラ「ラ・プティット・バンド」とともに、ヨー 2.Violoncello da Spallaの復元の歴史
ロッパ各地でこの楽器を演奏し、東京でも「バッハ・コレギウム・ジャパ Dmitry Badiarovはどのようにして、 またどうしてこの消えてしまった楽器、
ン」とともに数々の名演奏を残しました。 Violoncello da Spallaを復元したかを説明します。また彼はここで、この楽器
多くの海外公演があるにもかかわらず、彼は家族とともに東京で暮ら が最も能力を発揮できる作曲家や楽曲を述べながら、現在この楽器を使用
し、音楽大学にて演奏と弦楽器製作の指導に熱意を注いでいます。 している有名なチェリストの名前もいくつか上げます。最後にこの楽器を使
2009年はメキシコ、オランダなど世界各地を飛び回り、東京でも演奏活 って、Corelliの楽曲をDmitryがいくつか演奏します。 もちろん、バイオリン同
動を継続中。 様、皆様にぜひ手にとって弾いて頂きたいと思っています。

Kaminoge Cultural Insti-

PRICE 料金 ¥ 3 500* キュルチュール・インターナショナル・クラブ


*料金には美味しいものが含まれております。
世田谷区野毛 3-10-16
3-10-16 Noge Setagaya-
This concert is Kaminoge station
organized by チケット予約 10分上野毛 ➞ Jyugaoka
MUSIC D
kampachi dori
Baroque culture1@ka2.so-net.ne.jp
international

AN

je t’aime P
CE

Club
☎:03-5758-3875 Temple Church キュルチュール
17th

18 インターナショナル
W

E

th 21st AN クラブ
JAPAN Tokyo Club